• にきびは、顔にできる吹き出物の一種です。
    ホルモンバランスや、皮脂、細菌などによって、毛穴が炎症を起こした状態だといいます。
    また、不規則な生活や偏った食事、便秘や寝不足なども、にきびができる原因になるといわれています。
    一般に思春期に、おでこなどの皮脂の多い部位によくできるようです。
    学生時代などににきびに悩まされた方も多いのではないでしょうか。
    にきびを防ぐには、規則正しい生活を心がけ、低刺激のせっけんで一日に一、二回、余分な皮脂を洗い流すのが良いようです。
    にきびが治っても、まれに、ニキビ跡が残ってしまうこともあります。
    ニキビ跡の治療を行なっているクリニックもあります。
    クリニックでは、レーザーやピーリングなどで古い角質などを除去し、新しい皮膚の再生を促すなどの治療を行なっているといいます。くわしくはここをクリック