• 不動産業界は、不況が長く続く日本国内においても、非常に順調な経営を行っている会社が多いことで知られています。
    安定した収入を得やすい事や将来性があることなどが注目され、多くのかたが不動産業界に転職を希望しています。
    全くの異業種から不動産業界に転職するためには、出身大学よりも不動産関連の資格を取得しておくことが有利に働きます。
    特に成立してから間もない賃貸不動産経営管理士のような資格を取得しておけば、転職活動を有利にすることができます。

    賃貸不動産経営管理士の試験は、まだできたばかりだということもあり、難易度事態はそこまで高くありません。
    2021年6月時点では、合格率が30パーセントから40パーセントとなっていて、他の不動産関連の資格試験と比べると、合格率が高くなっています。
    その為、宅建の資格を取得する前の腕試しとしてチャレンジする方が多いようです。

    ただし、他の不動産関連の資格と比べてデータが少ないので、油断は禁物です。
    不動産ココなど不動産関連の資格についての情報を紹介しているようなホームページをチェックし、しっかりと情報収集をしてから試験勉強をするようにしましょう。
    また、賃貸不動産経営管理士の試験は、将来的には難易度が高まると予想されますので、早めにチャレンジするようにしましょう。