• 現代の子供はアゴの発達が以前と比べると劣ると言われています。その原因となるのは食文化の欧米化があげられます。それと同じくらい重要な事柄は実は運動不足が原因で矯正歯科に通う子供も多いという事です。矯正歯科は歯だけの問題と捉えがちですが、全身から来る矯正歯科に関する問題、もしくは矯正歯科の問題から来る全身への影響というのは余り知られていない事実なのです。テレビゲームやパソコンの普及により屋外で遊ばなくなった子供達の運動量は年々激減傾向にあります。運動をしないという事は体のバランス感覚を鈍らせるだけでなく、運動に伴って必要不可欠な動作である歯を食いしばるという行為や筋肉の発達にも影響し、歯ならびに大きく関係しているので、その観点から矯正歯科は運動に切っても切れない深い関連性があるのです。小児のための矯正歯科はさいたま市にあり、さいたま市の矯正歯科で重用視するのが乳歯のうちから永久歯の歯並びを見越して治療する事です。