• これまでは、会社側から支給された携帯端末を使って業務にあたるのが普通でした。
    しかしながら、それが当たり前だったのは一昔前の話で近頃では、社員が持っているプライベート用の携帯で業務をこなすケースが多く見受けられるようになったのが実情です。
    この便利なシステムを総じて「BYOD」と言います。
    これは「Bring Your Own Device」を略したもので、その名のとおり、各々の好みの端末から企業の情報システムに自由にアクセスが可能な、大変に画期的なものだと言えるでしょう。
    そこで気になってくるのが、各自の携帯内に納められている会社側の業務情報だと思います。
    もし万が一、これを落としたり紛失した場合、情報の漏洩が心配されるところです。
    このような問題点を解決するのが「i-FILTER ブラウザー&クラウド」で、これを活用すれば各自の端末に企業側の重要なデータが残りません。
    したがって、危機管理を徹底することが可能になるわけです。
    これからの時代、このようなシステムが必要不可欠になるのは間違いなさそうですね。