• 交通事故は私たちにいつ起こってもおかしくないものです。
    被害者、加害者になるだけでなく、事故による後遺障害も付き物だと思います。
    最近では、自転車でお年寄りとぶつかり、自転車を運転していた加害者の母親に、お年寄りが後遺障害になってしまったため、1億円の損害賠償請求が出されたと報道がありました。
    他にも、保育ママが駐車場で車の窓を閉める際、子供の顔を挟んでしまい、その子は今現在も意識不明のまま入院生活を余儀なくされています。
    私は車や自転車を運転しないから関係ないと思っていても、いつ被害者になるか解りません。
    かすり傷や軽傷程度で済めば幸いでも、重症になってしまうと、完治できないまま麻痺が残ったり、通常の生活に支障をきたしてしまうことになったら大変です。
    和解金や示談交渉でも解決しない場合は専門の弁護士にお任せをするのが1番いいと思います。
    後遺障害になってしまった場合の手続きや、事故処理なども素早い対応で行ってくれます。
    交通事故は一瞬でも、被った損害は一生の付き物なので、まずは、警察に相談し、弁護士事務所などはインターネットで検索して、信頼できる事務所、弁護士を選ぶのがいいと思います。
    被害者、加害者にならないよう、日々の暮らしから気を付けていきたいものです。